知らないでは済まされないローンが残るクルマの査定を紹介しています

知れば知るほど普段の

MENU

知らないでは済まされないローンが残るクルマの査定

カーローンの残債が残っている車両の買取というのは、果たして可能なのでしょうか。車を販売する時、ローンがまだまだ残っていると売ることができないと考えてしまいがちです。実は、ローンがあったとしても売ることは不可能ではないのです。
普段では、ローン会社が車の所有権と記載されている場合は、名前を自分名義にならないと売ることはできません。つまりは、自動車ローン残があるタイミングで売るには、名義を変える必要性があり、問題なのは所有権の問題です。

 

ローンを全済する方法とは

ローンを完済すれば問題ないわけで、完済するには2通りの方法があります。1つは、ローンの残りより買取額が多い場合で、この場合は、買取する額からローンの残りを引いた額が払われることになります。
ローンの残りより査定額が少ない場合は、ローンが残ってしまうので、残りはローンを組んで支払います。

 

ローンの残債がある場合

買取金額よりローンの残債金額のほうが高いときは、不足分をローンを組んで支払いますが、借り換えの形をとるのが一般的です。
この場合は、再度ローンを契約することになるので、利率は低率になります。ローンの返済していくサービスは、しっかり整備されているので、いくらかローンが残っていても、車の買取は行うことができます。

 

 

ブログトップに戻る